It's a Small House

狭小住宅の情報が満載!

当サイトでは、狭小住宅について紹介しています。
東京都など土地の値段が高い都心部では、住宅を建てるための土地を十分に確保することができません。
マンションなどの集合住宅も多いですし、戸建であってもコンパクトなサイズが多いと思います。
狭くて小さい土地に建てられた小さな家を見かけることも多いのではないでしょうか。
どういった定義があるのかや小さな住宅を建てる際に重視したいポイント、スペースの活用法、家具の選び方などを紹介します。

狭小住宅は何坪から?定義を知ろう

狭小住宅は何坪から?定義を知ろう 狭小住宅に明確な定義は存在していません。
ただ、15坪(50㎡)よりも狭い土地に建てられる住宅を狭小住宅と呼ぶことが多いようです。
土地が狭い分、部屋数が少なかったり収納スペースが十分でないといったこともありますが、工夫次第では快適に暮らすことができます。
また、都心部などでは通勤にかかる時間を減らせると狭小住宅が人気です。
郊外であれば広々とした家を手に入れることができるかもしれませんが、通勤に何時間もかけていたのでは時間の無駄も大きくなってしまいます。
狭小住宅にはデザイン性に優れた住まいも多く、生活動線に配慮して暮らしやすくなっていることもあります。
狭さを活かしたデザインなどもあり、遊び心が感じられる家も少なくありません。

狭小住宅をおしゃれに広く建てるのが流行です。

狭小住宅をおしゃれに広く建てるのが流行です。 狭小住宅は沢山の考えを生かせるとても魅力的な存在です。
狭小住宅をいかにおしゃれに広く風通し良く造るかが特に都会では流行っています。
収納で言えば床下や壁の中、階段下や天井裏などにあちこちにスペースがあります。
部屋で言えば、地下室を作ったり中二階やロフトに落ち着くスペースを作ることが可能です。
窓ひとつとっても、大きさや数、位置で雰囲気はまるで変り、採光についても問題が無くなります。
このように考え方を柔軟にすることで、全く何の問題もなくおしゃれで住み心地の良い素敵な御家が出来上がりますので、狭小住宅はかえって面白い存在です。
ですので、流行もしていて、様々な工夫を凝らしたものが出てきていますし、自分の考えや想いも反映させることも可能な場合もありますので、メーカーによく話を聞いてみましょう。
それも一軒ではなく様々なメーカーの話を聞いてみるのも、勉強になりますし、ご自分と相性の良いところとの出会いがあるかもしれません。
ぜひ、自慢のおうちに仕上げましょう。
予算の都合もあるでしょうから、相談に真剣に乗ってくれるところを見つけ出すと良いです。
ローンを組むつもりならばそれについても誠実な提案をしてくれるところを選んでください。

狭小住宅に関する情報リンク

狭小住宅

Copyright © 2018 It's a Small House all rights reserved.