It's a Small House

近所に対する配慮が必要

近所に対する配慮が必要

近所に対する配慮が必要 狭小住宅にははっきりとした定義があるわけではありませんが、一般に15坪以下の敷地に建てられた住宅を指すことが多いようです。利便性がいいけれど地価の高い都心部によく見られる物件です。多くの狭小住宅にある特徴は、敷地いっぱいに建てられることと、三階建てや地下室など縦の空間を有効に使っていることです。また、採光や収納などにも狭小住宅ならではの工夫が施され、狭くても住みやすさを重視した住宅として建てられています。
敷地いっぱいに建てるということは隣接するいくつかの住宅と非常に接近していることであり、防音対策や窓の位置など近所に対する配慮が必要となります。子供の泣き声やテレビの音など普通の生活音でもトラブルの原因となる場合もあり、吸音・防音性に優れた建材を使用するなど準備段階で心がけることが必要です。特にピアノなどの楽器を演奏や大音量のでオーディオを使用したいという場合などには、しっかりとした対策をとらなければなりません。

狭小住宅の防音対策をバッチリやって快適ライフ!

狭小住宅の防音対策をバッチリやって快適ライフ! 日本には土地が少ないため、光熱費や税金などが安く抑えられる狭小住宅を選びがちです。しかし狭小住宅には様々な問題が付きまとうのも事実です。その一つが騒音問題です。
日本はどうしても土地が少なくなるため、どうしても隣近所に家が密集したり線路や道路が近くなってしまいます。そのため、狭小住宅には騒音対策が必要となります。では狭小住宅にはどのような防音対策が必要なのでしょうか。ご近所どうしでトラブルになりやすい生活音としては、音楽の音や鉄道の音、車の走行音などが主なものとして挙げられます。まず、住宅選びや新築の時に住宅の密度や位置をよく確認しておきましょう。交通密度や近隣住宅についてあらかじめ調べておくと、周りの騒音について多くの情報を得ることができます。
次に必要なのは自宅から騒音が出ないようにすることです。周りが静かでも、自分の家から騒音が出てはトラブルになってしまいます。自宅でピアノや楽器を弾く場合、近所迷惑にならないよう防音用のカーペットやカーテン、遮音材などを使いましょう。場合によっては、イヤホンなどを指すことができる電子楽器に切り替えるのも有効でしょう。

Copyright © 2018 It's a Small House all rights reserved.