It's a Small House

狭小住宅の情報が満載!

吹き抜けで狭小住宅でも広々空間に

吹き抜けで狭小住宅でも広々空間に 限られた狭い敷地に建てる狭小住宅は室内の空間も限られており、間取りや視覚的なデザインを工夫しないと暮らしにくく、住んでいる人に圧迫感を与えることもあります。
しかし、そんな狭小住宅でも縦方向の広がりを利用すれば驚くほど広々とした家に変わります。
縦方向の空間を生かす方法はいくつかありますが、そのひとつが吹き抜けです。
吹き抜けとは1階の天井部分と2階の床部分を作らず上下をひとつの空間として見せる方法です。
視界が天井まで高く抜けるため解放感があります。
さらに窓を付けると上から太陽の光が降り注ぐので、建物に囲まれて採光が取りにくいといった問題も解決できます。
ただし冬は暖かい空気が上へ抜けて寒く、夏は熱気で2階が熱くなるので効率が悪く光熱費が上がる可能性があります。
シーリングファンライトを設置するなどして冷暖房が上手く機能するように配慮する必要があります。
狭小住宅は狭い空間をいかに広々と解放感のある暮らしに見せるかが重要なポイントです。
ちょっとした工夫をして快適な住まいを手に入れましょう。

勾配天井で狭小住宅に広々とした空間を作り出す

勾配天井で狭小住宅に広々とした空間を作り出す 敷地には制限があり、十分なスペースを確保できず狭小住宅を建てる場合もあると思います。
狭小住宅は間取りや部屋の広さなどが制限されることも多いですが、視覚的に広々と見せるコツがあります。
視界に入ってくる空間にゆとりがあるとそれだけでも解放感があり、明るく感じます。
広々と見せる方法のひとつに勾配天井があります。
天井が真っ直ぐではなく、斜めになっている状態をいいます。
本来なら屋根裏としてデッドスペースになってしまう部分を部屋の空間として利用する方法です。
場合によっては家を支える構造材が見えることもありますが、インテリアの一部としておしゃれに見せることも可能です。
傾斜があることで上まで視界が抜けて空間が立体的になり、広く感じることができます。
高い位置に窓を付けるとそこから光が降り注ぎ、採光も十分確保できます。
また風通しも良くなります。
その反面、高い位置に付いている窓や照明のメンテナンスが大変です。
構造材の上に埃が溜まることもあるのでこまめに掃除をするか空気を循環させて埃を溜めないように工夫する必要があります。
照明を高い位置から吊るすこともあるので、災害時に落ちてくることのないよう安全対策をしっかりしておきましょう。
また勾配天井は通常の天井よりコストがかかるので予算面も考慮する必要があります。
上手な空間利用で住みやすい家を手に入れましょう。

Copyright © 2018 It's a Small House all rights reserved.