It's a Small House

狭小住宅の情報が満載!

狭小住宅を建てるなら天空率を重視しよう

狭小住宅を建てるなら天空率を重視しよう 通勤や通学の便利さを考えて住むエリアを選ぶと、土地代が高くなってしまうことは珍しくありません。
予算には誰しも限界があり、土地が高い時は狭くして価格を下げるしか方法はないでしょう。
狭い家に建てると、当然「狭小住宅」となってしまいます。
しかし、狭小住宅といっても建て方に気をつけさえすれば大丈夫です。
土地に無理やり家を建ててしまうと、屋根が日光を遮り庭に光が入らなくなってしまいます。
なるべく部屋の広さを確保したいと思っても、注意しなければ部屋に光が入りにくいということも起こってしまうのです。
ここで、気をつけたいのが空がどれくらい見えるかを示した天空率です。
一般的に住宅より、企業などのビルに使われている考え方で上手く利用すれば空間をより広く感じることができます。
計算方法は多少難しいですが、天空率を採用すれば一般的に定められている高さ制限を緩和させることも難しくありません。
土地を最大限に活用して建てる狭小住宅では、この方法を上手く利用して高さの制限を緩和してもらうことがオススメです。

デッドスペースを減らす狭小住宅の工夫について

デッドスペースを減らす狭小住宅の工夫について 狭小住宅はメリットとデメリットが分かりやすい住まいの形です。
名前の示す通り、狭くて小さな家となります。
そのため家具が置ける空間が狭くなります。
加えて住居空間も小さいため、いわゆるファミリーで暮らすのは不向きです。
これらがデメリットですが、一方で狭小住宅は家賃が安かったり、購入する場合も販売価格や税金が安くなるのがメリットとなります。
欠点はありますが、例えば学生の一人暮らしや新社会人の方が上京先として選ぶには最適です。
家具や日用品があまり置けないのも気になる点ですが、いわゆる長方形や四角形の机や棚をメインに設置していけば、デッドスペースは極力なくなります。
反対に丸型のテーブルや楕円形のパソコンデスクなどはデッドスペースが生まれやすいため不向きです。
最も空間を有効活用出来るのは正方形の家具であり、棚や机や椅子は一人用のコンパクトサイズにすれば狭小住宅でも比較的快適に暮らせますし、収納がむしろ合理的にでき、普通の自室よりも広く感じる可能性さえあります。

Copyright © 2018 It's a Small House all rights reserved.