It's a Small House

狭小住宅の家具の選び方

狭小住宅の家具の選び方

狭小住宅の家具の選び方 狭小住宅を建てた際にも一般的な住宅のように室内には数々の家具を設置することを必要としています。選び方というものがあり、まずは収納スペースを狭い空間でも広く使えるように、キャビネットなどの場合では高さを十分に持たせたものを選択することも良い方法ではないでしょうか。天井ギリギリまでの高さにすることでスペースを有効活用させることに成功できます。一方で床面についてはできるならばスペースを空けることも一つの工夫です。
床面が見えていることにより、狭小住宅でも見た目上、広く見えるケースが多々あるので、脚付きなどのタイプを選ぶことも良い方法です。例えば大型キャビネットではなく、書棚や小さな収納家具などを設置するような場面では、選び方として床面に対して底面が付かないように、宙に浮かせた状態で設置する方法で、随分と室内を広く見せることが可能ではないでしょうか。加えて奥行きや幅などを十分に考慮して、できるだけ無駄なサイズにしないということも大切なことです。

狭小住宅は間仕切りを取り除くのがお勧めです。

狭小住宅は間仕切りを取り除くのがお勧めです。 狭小住宅は一般的な住宅とは違い、土地が狭いので圧迫感を感じさせない施工を行う必要があります。
都心などでは地下室を設置したり、3階建て以上の高さにするなどの工夫がされています。
狭小住宅は費用を抑えて建てることが出来るのがメリットなので、壁や柱などの間仕切りを取り除くことで、部屋を広く見せたり、圧迫感を感じにくいのが特徴です。
住宅にクローゼットや床下収納などを作っておくと、高さのある家具を購入する必要はなく、すっきりと物を片付けることができます。
お子様のおられるご家庭の人も狭小住宅を建てたい人が多いですが、間仕切りを取り除くことで、お子様が大きくなっても部屋を広く使えるのが特徴です。
信頼できる専門業者に依頼すると、部屋をなるべく広く開放的に見せる工夫をしてくれるので、スタッフに相談してみると良いでしょう。
壁や柱を作らないことで、費用を抑えることも可能です。
狭小住宅で快適に生活をするためには、間取りも大変重要になってきます。

Copyright © 2018 It's a Small House all rights reserved.