It's a Small House

併用部分を増やす

併用部分を増やす

併用部分を増やす 狭小住宅は絶対的な空間が不足しがちなため、効率的にそれらの空間を利用することが快適な生活を送るために非常に重要な要素となります。
そのため、併用部分をどれだけ増やすことができるかにより効果的な活用をすることができるかが決まることになるのです。
例えば一般の住宅の場合には階段の部分はそれ以外の用途には利用できないことが多いのですが、これでは比較的大きなスペースが利用できないことになってしまうため、無駄な空間が増えてしまうことになってしまいます。
狭小住宅の場合にはこれらの空間も無駄にすることができないため、階段を他の用途で日常的に利用できるような発想を持つことが必要となるのです。
一般的に階段の部分を物干しに利用したり、あえて途中に広いスペースを確保しリビングやその他の用途に利用するなど、効率的な利用を行っている例はいくつもあるので、これらを参考にすることを狭小住宅でスペースを有効に活用する秘訣となります。
狭小住宅は一般的な住宅と異なり併用できるスペースをどれだけ確保できるかが生活環境を快適にする重要な要素となっています。

狭小住宅に駐車場は設けることができるのか?

狭小住宅に駐車場は設けることができるのか? 狭小住宅はその名の通り敷地面積が狭いのがその最大の特徴です。
それゆえに駐車スペースを確保することは難しいというイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかし実際には狭小住宅であっても駐車場は十分に確保することができます。
むしろ都心の利便性などを重視して狭小住宅を選択したのに建築前に所有していた車を手放し便利さを失ってしまうのは勿体無い話といえるでしょう。
これまでのライフスタイルや生活習慣を重視した家づくりはやはり重要なためです。
また、外部に月極で借りるという選択肢もありますが、これもあまりお勧めできません。
これは、毎月の使用料という固定費が毎月必ず発生してしまうことになるためです。
そのような不便さを煩わしいと感じる場合建築前にその旨をしっかりと提案すれば狭小住宅であっても十分に駐車場を設けることは可能です。
はじめからあきらめてしまうのは勿体無いと言えるので、ぜひその旨を事前に提案するようにしましょう。

Copyright © 2018 It's a Small House all rights reserved.